トップへ » デジタルワンは 『Paradox実現企業』を目指します!

デジタルワンは 『Paradox実現企業』を目指します!

2013年4月1日宣言(第三次中期事業計画) デジタルワンは「Paradox実現企業」を目指します! ブログ「Paradox実現企業を目指す!」

「パラドックス(矛盾)を解決することで本当に強い組織になれる!」と語ったのは、1990年代に世界最高の企業の1つと言われたスウェーデンに本社を置くグローバル企業「ABB社(アセア・ブラウン・ボベリ社)」のCEOだったパーシー・バーネビック氏。

当社代表の中谷は、日本有数の優良企業である富士ゼロックス(大企業)の中枢で16年勤務した経験を持ち、一方で自身で創業した壁紙ドットコム(ベンチャー企業)で起業の大変さと楽しさを知り、さらには、現在は東証一部上場企業として大手ネット企業となったGMOインターネット社(ベンチャー企業から大企業へ)の取締役も経験し、大企業・ベンチャー企業それぞれの「良さ(悪い)」を知りました。

しかし、それらの中で、それぞれが正しい要素ではあるが、なかなか同時には存在し得ない大企業とベンチャー企業「良さ」を合わせ持った企業体を作れないものか?と、この永遠のテーマにチャレンジすることを考えていたようです。今、いよいよそんな思いを実現する時期が来ました。

それをこのヴィジョンに表したものが「デジタルワンは『Paradox実現企業』を目指します!」です。 役員・社員全員で、そんな世の中にないユニークな会社創りを目指します。

デジタルワンが目指す『Paradox Factors』

  • べンチャー企業でありながら大企業の品質を持つ
    (Venture and big company)
  • 意思決定が早いが慎重性も併せ持つ
    (speed and carefulness)
  • 大規模であると同時に小規模
    (big and small )
  • IT(ネット)のプロであると同時にヒューマニティーに富む
    (technology and humanity)
  • ローカルであると同時にグローバル(local and global)
  • 分権化されていながら集権化(decentralization and centralization)
  • 自由でありながら規律的(free and rules)
  • カジュアルでありながらフォーマル(casual and formal)
  • 柔らかいけどハード(soft and hard)

PAGE TOP