2013年2月13日 « トップへ » 2013年2月18日

2013年2月14日

【ごあいさつ】監査役 加川 尚宏

監査役 加川 尚宏

当社が設立した2004年当時は、IT景気が終息した後で多くのIT関連ベンチャーが倒産し、会社の合併・買収が繰り返され、一部のベンチャー企業だけが生き残り、経営者も労働者も『何か』を求めていた時期でした。 そんな時に知人から「尊敬できるちょっとスゴイ人がいるんだけど、会社設立の相談に乗ってあげて欲しい。」と言われました。

私は2000年(当時27歳)に経理代行会社を起業し、その話を受けた頃は、IT系の脱サラ組による起業相談を多く受けていて、正直、「またか・・・大丈夫かな?立派な会社にいるのに脱サラしない方が・・・」と、ちょっと冷めた感じで知人の話を聞いていたのを覚えています。

しかし、逢ってみて一目で今までのそれと違う、この人は『本物の経営者』だとすぐにわかりました。「よろしく!!必ず握手をするときは、こうやって強く握るようにしてるんだよ。」そう言って、笑顔で私の右手を強く握られたのが中谷社長でした。

気さくな営業マンや、話が上手なリーダー、紳士的で説得力のある会話をする経営者は、私も何人もお会いしましたが、その全てを持ち合わせた人物が中谷氏だったのです。 あまり代表者を自社ホームページ上で褒め讃えるのは、いかがなものかと思いますが(笑)。でも、それだけインパクトのある人物なのは紛れもない事実で、当社に入社する社員は、必ず、社長に惚れて入ってきます。私もその一人です。

結局、私は中谷氏の会社設立の相談に乗ったのですが、自分の会社だから、自分で一から作りたいとのことで、定款の作成から登記手続きまで、全て、中谷氏ご自身で対応されました。 通常、会社設立は2週間程度でできるのですが、それから2ヵ月以上、音沙汰がありませんでした。どうやら慣れない事務手続きで、かなりご苦労されたようですよ。(苦笑) 設立時は役員3名と社長の奥様1名+非常勤の監査役1名でスタートしたようで、私は監査役としてではなく、経理代行会社としてお付き合いさせて頂いておりました。 その後、監査役だった方が退任され、中谷社長から私に監査役として白羽の矢が立てられました。

『デジタルワン』

この名前を聞いてホームページの制作会社だと思われることが多いのは、つい最近になってからのことです。 そもそも、創業者である代表の中谷は『インターネット上でリアル営業をする』ということにおいて、日本(世界)でNo.1になる!というコンセプトでデジタルワンを起業しました。 「インターネット上でリアル営業をする」というのは、単にECをする(=ネットショップを開く)ということではなく、ネット上でお客様との対話や接客、もてなしを行うということです。 だからこそ、当社はWEBコンサルティングという事業目的が最初にありますし、お取引頂いているお客様にとっては、「ただのホームページ制作会社ではない。」という印象を持って頂けているのではないかと思います。

ところでこの社名、ちょっとダサイかもしれませんが、シンプルでとてもわかりやすいと思いませんか? 私は監査役として、当社の会社業績のマネジメントや組織マネジメントに必要な社内規程の管理なども任されており、代表の中谷から就任当時から一つのミッションを与えられています。 会計や税務、会社法や労働基準法、社会制度や公共サービス、これらは社会人として企業に勤めれば、何かと知っておかなければならないことですが、全てを理解するにはなかなか難しいことです。ですので、必ずこれらのことでわからないことがあると社員は私のところに聞きに来ます。

 

そのときに注意すべきことが「シンプルにわかりやすく」です。

人が難しいと考えるものを簡単にすることほど困難なことはありません。このミッションをわかりやすく言えば、「池上彰氏になれ!」ということです。 このハードルの高さは、尋常ではありません。日常では会話や活字(メール)で対応するのですから、テレビのようにフリップを用意せずに「シンプルにわかりやすく」説明するには、相手によって応え方を変えなければならず、大変苦労することではあるのですが、私にとって今ではとても大きな武器になったのは事実です。

世の中が求めている『何か』が、この会社にはあります。 その一つが当社の中谷本人であったり、中谷が発する言葉であったり、私のミッションになっていることなのかもしれません。

これからも社員の???をわかりやすくシンプルに解答、解説できる監査役として貢献して参りたいと思います。

【ごあいさつ】取締役(社外) 森田 健太郎

取締役(社外) 森田 健太郎

【経歴】
現KDDI株式会社に入社。その後、ヘッドハンティングによって外資系ソフトウェア会社である現マカフィー株式会社に転職。2000年8月には世界No.1セールスアワードをハワイで表彰。同年11月、最年少部長に昇進。

その後、独立系ソフトウェア会社の役員に就任。わずか4年で売上を13倍にする。2006年3月、株式会社グリーンツリーを設立。同年12月に同社代表取締役(現職)に就任。就任後、4ヶ月でCMS業界トップレベルの会社に躍進させる。2009年6月、デジタルワン株式会社社外取締役就任(現職)。


【中谷社長との出会いと人物像】
中谷社長との出会いは、デジタルワン株式会社(以下、D1)が設立される少し前、私が独立系ソフトウェア会社(以下、H社)にいた頃です。当時、私はH社で営業担当役員をやっておりましたが、その顧問に就任頂く事となり、初めてお目にかかりました。

当時中谷社長は顧問として、H社の役員会にも出席をいただいており、役員とは違った視点で好きなことをズバズバ述べていたイメージがあります(笑)。また顧問就任から数ヶ月後にはH社の営業力を強化するため、特別指導も引き受けて頂きました。

特別指導とは、毎週月曜日の夕方17時、中谷社長にH社へお越し頂き、私とのマンツーマンでの営業指導です。一ヶ月後からは、その指導がイヤというわけではないのですが、なぜか月曜日の17時に重要なアポイントが入るようになり、私の代わりに技術部門の責任者が毎週出席していたのを覚えています(笑)。今でもその技術責任者と飲みに行くとこの話が出ますが、当時、技術でありながら営業のイロハを相当学んだそうです。いまだにそのイロハを使う事はないそうですが・・・(笑)。

中谷社長の特別指導のお陰(?)で、指導を受けてから3ヶ月も経たず、私はH社を退職していました。世間的には特別指導がイヤで辞めたと言われていますが、実際はその特別指導によって一気に自分が成長したため、独立したのです(笑)。

独立当時、私は一人でビジネスをやっておりました。その結果、大変残念なことに毎週月曜日が仕事に集中出来る平穏な1日になってしまいました(笑)。

しかしながら私が独立して7ヶ月後、ある会社主催のパーティで運命的な再会をするのです。その再会の際、歓喜極まって涙が出る予定でしたが、出たのは走馬燈のようによみがえった過去の"良き"思い出と冷や汗でした(笑)。

そしてその数ヶ月後、私は当時市ヶ谷にあったD1の社長室に座っていました。私の会社がちょうど第一期が終わった頃で、その第一期の決算報告書を中谷社長に見てもらっていたのです。私の会社は特別指導のお陰で第一期から黒字決算となっていました。そこで大変ありがたいことに、中谷社長から第一期しか終わっていない私の会社にあるオファー(内容は秘密)を頂いたのです。唐突のことで、大変驚きました。たったの1年しか経っていない会社にこの様なオファーは来ないからです。大変ありがたいオファーだったのですが、全くもって受け入れられない内容(笑)だったため、苦渋の思いで、お断りしました。

それから私は中谷社長の熱い想いを1日たりと忘れずに仕事に打ち込みました。2年間、本当に仕事に集中出来た期間が確保されました。しかし2年後の2008年年末、久々に中谷社長から、また相談が来たのです。その相談内容は私の会社が扱っている商品の競合商品についての相談でした。競合製品という事もあり、全く理解に苦しむ相談内容(笑)でした。しかし、その頃には3年も社長をやっておりましたので私も人間として少し成長しており、以前頂いた恩返しのためにも、誠心誠意、無理な相談に対応させて頂きました。

そして2009年1月7日、西麻布の玉乃家という牛鍋屋で中谷社長、D1 COOの渡辺さん含む数名の社員と私で新年会が行われました。この席上で、COOの渡辺さんが大変素晴らしい提案をされたのです。そう、競合製品ではなく私の会社で扱っている製品を、共同でD1仕様にカスタマイズし、D1製品としてお客様に提供していく事です。海よりも広い心を持つ中谷社長はずっと私の会社の商品ではなく、競合の製品にこだわっておりましたが(笑)、渡辺さんの提案を最後の最後に受け入れてくれたのです。

6ヶ月後、私はデジタルワン株式会社の社外役員となっていました。もちろん、自分の意思で決めています(笑)。と同時に、私の会社に渡辺さんが社外役員として送り込まれました。もちろん、これも自分の意思だと思います。

あれ以来、中谷社長との密な関係が続いています。数え切れないほど出張のお伴もさせられました。温泉にも一緒に行った事があります。風呂場では、中谷社長から腹筋にパンチをしろと言われ、理解不能なパンチもしました(笑)。想像を絶する中谷社長のイビキと共に、一緒の部屋で寝させられたこともあります。

実は中谷社長のIQは非常に高く、あえて本当の数値は出しませんが、天才ラインといわれている150を大きく上回っています。頭が良すぎて凡人の私には理解不能な事(腹筋へのパンチetc.)など多いのですが、私のような凡人でも1つだけ分かることがあります。

それは、「男気」です。 中谷社長は「男気」のかたまりです。皆の兄貴的な存在といえます。だからこそ、私のような人間でも目をかけて頂いているのだと思います。その「男気」が裏目に出て、人を信じすぎ、過去、騙されたこともあるようですが(笑)、D1のメンバーが一致団結しているのは、この「男気」故だと思います。

最後に、私は未来を見て生きて行くタイプなので、中谷社長との過去は封印しておりました。しかしながら、この文章を書くことになって、封印された過去をえぐり出された気がします(笑)。まだ私は社長をやって7年、人間的にも未成熟なため、こんな文章しか書けません。この文章を読んでどう思われるか分かりませんが、少しでも中谷社長についての人物像が伝えられたら幸いです。ところで、この文章はそのまま掲載されるのかな?(笑)

【ごあいさつ】取締役 鎌田 健一

取締役 鎌田 健一

知らない事を熱く語られ理解が深まると先が明るくなり、心が弾むように成ったことありませんか。

中谷社長との出会いは将にその様な状況でした。
起業した動機、会社のビジョン、経営理念と語られる仕草はIT業界に精通した真面目なベンチャー企業の社長さんだと感じました。

証券界を活躍の場としていた私は、マーケットへの恩返しとして株主、投資家に信頼される新規上場会社のお手伝いをしたいと思っておりました。長年多くの経営者の方々に接して痛感していた事は「企業は人なり」、即ち経営者が最も重要なファクターであると言う事です。

中谷社長なら会社を発展させ働く人々も成長すると確信して経営者の仲間入りをさせて頂きました。 その後、当社はライブドア事件、リーマン・ショック等ITベンチャー業界を取り巻く外部環境は厳しい中でも、蕾が膨らみ開花するように業容を拡大し、オフィスを3回転居し、進化を続けております。

Eコマース事業(収益向上)コンサルティング

Eコマース事業 収益向上コンサルティング

当社のお届けする「Eコマース事業 収益向上コンサルティング」は
以下3つのサービスから成り立ちます。

これからEC事業を始める方、EC事業のリニューアルを考えている...事業様 事業戦略策定支援コンサルティング サイト構築支援コンサルティング

コンバージョンをもっと上げたい PDCAコンサルティング

これまでのお取引先様一覧(順不同)

  • 養命酒製造株式会社様
  • 株式会社中村屋(新宿中村屋)様
  • 株式会社紀伊國屋書店様
  • 株式会社早川書房様
  • 株式会社カタログハウス様
  • リンベル株式会社様
  • 株式会社ゴールドウイン様
  • 株式会社レナウン様
  • 株式会社ベイクルーズ様
  • 株式会社ビーズファクトリー(株式会社MIYUKI)様
  • 株式会社ライフサポート様
  • 株式会社ダイヤモンド社様
  • 株式会社日本経済新聞社様
  • NTTコムウエア株式会社様
  • 株式会社ジュピターテレコム様
  • 株式会社ヴィレッヂ(劇団新感線) 様
  • 株式会社ベネッセコーポレーション様
  • 株式会社東京玉子本舗様
  • 三菱レイヨンクリンスイ株式会社様
  • 株式会社サプラス様
  • 株式会社WOWOW様
  • スカイコート株式会社様
  • 株式会社オニザキコーポレーション様
  • 株式会社エディオン様
  • 株式会社乗馬クラブクレイン様
  • 株式会社テイクアンドギブ・ニーズ様
  • ネクスティア生命保険株式会社様
  • 株式会社テラ様
  • 株式会社日立システムズ様
  • 富士ゼロックス株式会社様
  • 株式会社アシックス様  他


3.PDCA型Eコマース事業「実践型」収益向上支援コンサルティング

稼働した(すでに稼働している)Eコマースサイトの収益を向上させるための「実践型」コンサルティングをご提供します。

簡易的に「Web版3C分析」を実施し、また、解析データ分析などから売上の上がらない理由を徹底的に原因分析し、そして、収益向上するための施策をご提案しご一緒に実践(PDCAを回す)いたします。

即時(翌月~数ヶ月以内に)効果の出始るスケジュール感で進めますので、小さな投資に対しその結果(リターン)を確認しながら進めることが可能です。

このような悩みをお持ちの企業様におすすめいたします

悩み

当社の提供するPDCA型「実践型」収益向上支援コンサルティング

イメージ

提供するレポート例

Google Analyticsを活用し自社サイトの課題を提示いたします。

Google Analyticsを活用し自社サイトの課題を発見できるようになります。

自社サイトの課題を改善するための行動プランを提案いたします。

自社サイトの課題を改善するための行動プランを策定・実施できるようになります。

成果(売上)目標達成のためのKPI&KGIシートを作成いたします。

成果(売上)目標達成のためのKPI&KGIシートを作成できるようになります。

アクセス解析データなどから改善サイトのワイヤー設計を行います。

アクセス解析データなどから改善サイトのワイヤー設計が行えるようになります。

2013年2月13日 « トップへ » 2013年2月18日


PAGE TOP