2013年2月 1日 « トップへ » 2013年2月 5日

2013年2月 4日

私たちが目指すもの

デジタルワン株式会社 代表取締役社長の中谷です。
2004年12月の当社創業時に「こんな会社にしたいなぁ~!」と考えたことをメモし、それを羅列したものが、以下の3つです。

  • ・企業理念
  • ・5Promises
  • ・十四の願い

そして、その後、2009年2月に、それまでの自分自身の行動の指針と社員からも言葉を募集し「行動指針」を作成しました。

それも含め、これらを「我々が目指すもの」としています。

前段(心構え)

我々は、いつまでも「ベンチャースピリット」を持ち続ける
企業でありたいと願う。
創立から何年が経過しようとも、この精神を維持したいと願う。
だから、私たちデジタルワンの全スタッフは、この企業理念と行動指針を
いつでも胸に刻み、常にチャレンジし続ける集団であることを
ここに誓います。

まず、大前提として、会社を構成する一人ひとりが現状を良しとせず、常にチャレンジャブル(改善・改革、新規発想)であり続けること、そのことを当社社員の心構えとしています。

企業理念(Philosophy)

私たちデジタルワンは、企業の皆様の収益向上を使命とし、
お客様の喜びと発展に貢献し続けます。

インターネットという「道具」は活用してこそ意味があります。
特に、企業においては、収益に結びつかなければ「無駄な道具(コスト)」でしかありません。
ですので、我々はインターネットを「生産財」と位置づけ、これを活用することによる「結果=収益向上」をお届けすることを肝に命じ、日夜活動し続けようと決めたものです。

社内では、日々「それはお客様の収益向上に繋がるの?」が、何かを提案する際、何かを企画・判断する際、の決まり文句となっています。

事業活動は世の中の役にたってこそ存在意義がある訳ですから、企業を対象に事業を行う当社としましては、お客様(企業)の収益が向上しなければそもそも事業を行なっている意味がない、ということを、日々、全員で心に刻み活動しています。

5 Promises

これは、当社が「社員」・「お客様」・「社会」というステイクホルダーに対し約束する5つ項目です。

一.自然成長エレメント含有企業(会社の分子構造)
・日常的に、スタッフたちが自然に成長するエレメント(=要素)が会社の中に存在している、かっこいい会社とか、かっこいいスタッフがいる会社は、自分も自然とかっこよくならないといけないという文化が生まれる、そんな会社。
・24時間・365日、自らの仕事や仲間、そしてお客様のことを考えている人たちが集まる会社でありたい。
・だからこそ人の何倍も早く成長する、生きている時間全てを自らの成長に結び付けられる人たちでありたい。
二.ES&FS主義 (スタッフとその家族の幸せ)
・スタッフや家族が幸せでなくてお客様や株主を幸せにできるのか?スタッフが活き活きと輝いている会社を目指す。
三.太陽マネジメント (マネジメントスタイル)
・北風と太陽の「太陽」のようなマネジメントスタイル。自らコートを脱ぐような根本的指導の実践。
四.本気、本音 (お客様との関係)
・お客様のことを我がことのように考え「本気、本音」でお付き合いさせていただく。
・求める成果に対し、常に不退転の決意で臨み、日々情報収集や研究に努力する姿勢がお客様に感動を与える、そんな本気の姿勢。
五.Inside The Rule (社会との関係)
・デジタルワンは、常に日本の社会ルールを守り、安心して仕事をまかせられる企業であり続けます。

『14の願い』

これは、デジタルワンがこういう会社であってほしいという14の願いです。私の社員に対する約束でもあります。

  1. 前向きな姿勢(=自家発電、ポジティブシンキング)
  2. 勤務形態にこだわらない(=どんな形でも能力発揮の場であり続ける)
  3. 自由な環境(=自己責任、最低限のルールしかないのに問題なく回っている)
  4. 個人の意思を尊重する(=責任感の強いスタッフたち、自然淘汰力・自然治癒力)
  5. やりがいのある仕事(=お客様の成功に大きく関わる仕事)
  6. 信頼できる仲間(=礼儀作法、筋道、尊敬、思いやり)
  7. 言いたいことが言い合える(=浄化作用がある)
  8. 社員全員が株主である(=自分の会社であるという意識)
  9. 給料が高い(=高収益性、安定収益、適正社員数、成果主義)
  10. うまく休みが取れる(=ネット企業の利点を生かす、自己管理)
  11. 資産を築ける(=IPO、利益還元)
  12. 贅沢ではないが知的でかっこいいおしゃれなオフィス(=自然成長エレメント)
  13. 個性的なかっこいいスタッフたち(=自然成長エレメント)
  14. 何かしら社会貢献している(=自然成長エレメント)

行動指針(Action Indicator)

これは、私が以前から自らの指針としていたことにプラスして社員が項目を加え作成した当社の社員たるべき行動の基本指針です。現在は24項目あります。

  1. 自らの才能を信じよう。そして自らのポテンシャルを遺憾なく発揮しよう。
  2. 自らを変化させよう、成長させよう。
  3. 日々の小さな努力が、気づいた時に大きな成長につながることを知ろう。
  4. 常にチャレンジする気持ちを忘れるな。The Road Not Taken(注1)。
  5. 有言実行。失敗を恐れるな。失敗こそ成功の母。
  6. 高い目標を持とう。高い目標は大きな成長に通じる。
  7. 責任(数字)は人から背負わされるものではなく、自らの意思で背負うもの
  8. 神様は、その人が乗り越えられない試練は与えない。つまり、あなたに乗り越えられない試練は、そもそもあなたには起こらない。
  9. 決めたことは徹底してやり抜こう。「徹底」・「集中」とはそれ以外のことをやらないこと。
  10. 諦めなければ、必ず、実現できる。Winners Never Quit!(注2)
  11. 決まった事、指示されたことが絶対と思うな。行動した結果、変化するのは当たり前。それが成功へのプロセス。
  12. 常にマクロの視点をもって行動しよう。行動前に本来の目的とのズレがないかをチェック。
  13. すぐに上司を頼るな。上司への相談は自分の考えをまとめてから行おう。
  14. 結論から言おう。結論ファースト!
  15. ポジションや権利は自分で勝ち取れ。会社から与えられるものではなく実績と票田で得られるものである。
  16. ひとつひとつの仕事に気持ちを込めて取り組もう。気持ちは伝わる。
  17. 何事も100%自己責任と考えよう。悪いことだけでなく、良いことも。
  18. 誰かのために、何かのために、打ち込む姿は美しい。お客様のために打ち込もう。
  19. 仲間を大切にしよう。情けは人の為ならず自分のため。
  20. 礼儀を重んじよう。あいさつ、言葉使いを大事にしよう。
  21. 自分の気持ちをきちんと伝えよう。黙っていてはわからない。
  22. 皆に伝えよう。情報共有は義務である。ALL MLで流した情報の数が皆への貢献度。
  23. ノウハウは形にしよう。少しだけ時間を使い紙に落とそう。標準化。
  24. 日々、仕事を改善しよう。改善なしは後退である。改善こそが維持向上。

注1)Robert Frostの詩文の一節
森の中でふたまたの道があり、
一方は踏みならされた
もう一方は誰も通った跡がなかった
私は後者を選んで
それが大きな違いをもたらした。

注2)Dr.Robert Anthonyの言葉の一部
Winners never quit and quitters never win.
勝者は決して途中であきらめない。
途中でやめる人は決して勝てない。


以上、私も含め当社の役員・社員一人ひとりが上記に反する言動を行った場合、どうかご遠慮無くご指摘を頂戴できれば幸いです。


2013年2月 1日 « トップへ » 2013年2月 5日


PAGE TOP